21創造運動活動報告Creative movement

平成25年度 仙台市立大沢小学校児童による田植え作業体験が開催されました

平成25年5月15日(水)「総合的な学習の地域活動」として、
仙台市立大沢小学校の田植え作業体験が開催されました。(仙台市大倉川土地改良区)

田植え作業体験1 田植え作業体験2
※画像をクリックすると大きな画像が画像が表示されます。

この活動は、仙台市立大沢小学校の5年生の子供達が自ら学ぶ意識や態度を育てるための「総合的な学習」として、水土里ネット大倉川、水土里ネットみやぎ、農地・水・保全活動組織、宮城県仙台地方振興事務所の協力のもと毎年行われているものです。

田植え作業体験3 田植え作業体験4 田植え作業体験5 田植え作業体験6
※画像をクリックすると大きな画像が画像が表示されます。

関係者からの挨拶の後、JA仙台青年部芋沢支部より作業にあたっての注意事項等の説明や実演があり、さっそく児童1人ずつ苗を手に取り一斉に田んぼに入りました。最初は、土の感触や冷たさに悲鳴をあげている児童や初めての作業に思うように植えられない児童もいましたが、作業をしていく内に慣れてきて、楽しそうに「 苗ください! 」「 植える所ないんですけど、どこ植ればいいんですか? 」と言った声もあがるようになりました。

天候は、あいにくの曇空で5月にしては気温の低い日ではありましたが、皆元気いっぱいで、途中ハッスルして転んでしまい体操着が泥だらけになってしまった児童もいました。

作業終了後の感想では、「 最初はなんでこんなことするんだろう?と思っていましたが作業をしていくうちに楽しさやお米作りの大変さがわかりました 」や「 お米を作ってくれている人の苦労がわかり、これからはご飯を一粒残らず食べたい 」といった感想が発表されました。

その後、水土里ネット大倉川より「 用水路等の水が増えるので気を付けてください 」といった注意の話があり体験学習会を終了しました。今後児童は、秋の収穫まで稲の生育を随時観察していくそうです。