21創造運動活動報告Creative movement

自然の恵みに感謝する“植樹祭” ~森林は水土里の友達~

平成21年度植樹祭① 平成21年度植樹祭②

去る10月31日(土)国営二ツ石ダム上流域において、水土里ネット加美主催による自然の恵みに感謝する“植樹祭”が開催された。

当日は肌寒い曇り空だったが、大崎管内の土地改区理事長をはじめ町内外の子供16名を含む総勢160余名の参加者により、山モミジと山桜併せて180本の苗木を植樹した。

はじめに、水土里ネット加美の加藤理事長の挨拶に始まり小泉東北農政局大崎農業水利事務所長・池田加美よつば農協組合長から祝辞をいただいた。その後、森 林の役割・ダムの役割・田んぼの役割について各講師の方々からパネルやクイズにより子供達に分かりやすく学習会が行われた。

植樹体験では、加藤理事長から植樹指導を受け、研ぐわやスコップを片手に各自の名札が付いた苗木を1時間ほどかけて植樹した。

植樹終了後、二ツ石ダム管理棟に移動し、水土里ネットの女性の方々が作った豚汁と新米のおにぎりが振る舞われたが、子ども達は寒さを吹き飛ばす勢いでおかわりをして、秋の味覚を味わっていた。

又、カエルや・フクロウなどの木工細工に挑戦する企画もあり、深山での和やかなひとときを楽しんだ。 最後に鎌田副理事長の閉会あいさつで盛会に終了した。