21創造運動活動報告Creative movement

第13回 伊豆野堰祭

ニジマスのつかみ取り去る9月15日(土)、栗原市一迫伊豆野せせらぎ公園において、「第13回伊豆野堰祭」が開催された。

今回で13回目の開催となるイベントで、当日は厳しい暑さの中、地元の小学校(栗原市一迫小学校・金田小学校・長崎小学校・姫松小学校)の児童、保護者、先生並びに栗原地域事務所農業農村整備部、栗原市、水土里ネット迫川上流・水土里ネットみやぎ古川事業所など関係者約90名が参加した。

始めに、水土里ネット迫川上流の髙橋理事長からの挨拶で開会しその後、紙芝居による「伊豆野堰のあらまし」やクイズ形式による「農業と農村のいろいろな働き」について勉強会を行った。
勉強会終了後、バスで小田ダムに移動し栗原地方ダム総合事務所の千葉技術主査から、ダムの概要と役割等について説明があり、子供達は真剣に聞き入っていた。また、子ども達は520mある堤防の端まで歩き、ダムの大きさを実感していた。

最後に、伊豆野せせらぎ公園へ戻り、公園内にあるせせらぎ水路に放たれたニジマスのつかみ取りに挑戦し、子供達は歓声を上げながら魚と格闘していた。昼食は、山形風豚汁とおにぎりが振る舞われ、お代わりをする子供も多く、農業者と地域住民との交流を深めた楽しい1日でした。

伊豆野堰頭首工 水車
(写真左:伊豆野堰頭首工、写真右:水車)

紙芝居「伊豆野堰物語」 農業農村整備クイズ
(写真左:紙芝居「伊豆野堰物語」、写真右:農業農村整備クイズ)

小田ダム見学① 小田ダム見学②
(写真左:小田ダム見学①、写真右:小田ダム見学②)