お知らせ・更新情報Topics

第32回 わらじで歩こう七ヶ宿に参加しました。

第32回わらじで歩こう七ヶ宿

平成30年8月26日(日)、宮城県七ヶ宿町において第32回「わらじで歩こう七ヶ宿」が開催されました。

今回で第32回を迎える「わらじで歩こう七ヶ宿」は、県内外から多くの方々が参加するイベントで、本会からも職員8名が参加しました。当日は小雨が降ったり止んだりの天気となりましたが、雲が直射日光を妨げたことで気温が高くなく、歩きやすい天気でした。

「わらじで歩こう七ヶ宿」のコースは、七ヶ宿スキー場から七ヶ宿町役場までの約11kmで、七ヶ宿街道を約3時間かけてゆっくり散策するコースとなっています。


小関七ヶ宿町長の開会挨拶
小関七ヶ宿町長の開会挨拶
片倉鉄砲隊による火縄銃演舞
片倉鉄砲隊による火縄銃演舞
和太鼓の演奏
和太鼓の演奏

出発地である七ヶ宿スキー場でオープニングセレモニーが開催され、小関七ヶ宿町長の開会挨拶、和太鼓の演奏などが行われ、その後、片倉鉄砲隊の合図で、「わらじで歩こう七ヶ宿」がスタートしました。


七ヶ宿スキー場から出発
七ヶ宿スキー場から出発
蕎麦畑
コース途中にある蕎麦畑
森の中
涼しく歩きやすい森の中

コースの途中に数ヶ所ある休憩場では、イワナの塩焼きや地物の漬物、新鮮なフルーツ等が参加者に振る舞われ、疲れを癒してくれました。街道沿いでは地元の方々からの応援もあり、参加者の皆さんを勇気づけていただきました。


大わらじ
道中に鎮座する「大わらじ」
七ヶ宿関所
七ヶ宿関所
集合写真
水土里ネットみやぎ参加者一同

コースの途中には休憩所だけではなく、白い花を満開にさせた蕎麦畑や、大わらじ神輿なども見受けられ、とても楽しい道中となりました。昼食にはおにぎりやかき氷が振る舞われ、大変おいしくいただきました。

全長約11kmにおよぶ長い道のりでしたが、水土里ネットみやぎ職員全員が無事踏破することができました。七ヶ宿の自然と地元の方々の温かさに触れて良い経験になりました。