農美里フォトコンテストPhoto contest

第4回 農美里フォトコンテスト入賞作品

第4回「みやぎのふるさと農美里のんびりフォトコンテスト」は、『 みやぎの農村の美しい景観・伝統行事・暮らしを再発見 』することを目的に『 農村の美しい景観 』『 農村での伝統行事 』『 農村での暮らし 』をテーマとしてフォトコンテストを開催しています。お陰さまで県内各地から64名の方々より95点の作品をご応募いただきました。

審査会は、平成29年2月1日(水)に土地改良会館5階大会議室で行われ、宮城県写真連盟会長を含む4名の審査員による厳正な審査の結果、宮城県知事賞1点、宮城県中山間地域活性化推進協議会長賞1点、水土里ネットみやぎ会長賞1点、学生優秀賞1点、ふるさと賞3点、入選5点の作品が決定しました。

【審査会風景】
審査風景1  審査風景2


[ 入賞作品 ]

宮城県知事賞

村の荒れみこし ※写真をクリックすると大きなサイズでご覧いただけます。

『 村の荒れみこし 』

撮影者
後藤 博
撮影地
大郷町
講 評

のどかな農村の風景の中で田畑を駆け巡る荒神輿、白装束の氏子が足元を気にせず、泥まみれになっている姿は、若者達とはいえ相当疲れ切っている様子が伝わってきます。最後の難関、土手を必死に這い上がろうとする氏子、リーダーが素早く振り返る様子が祭りの状況を物語っています。特に神輿が大きく傾いているところが良く、勇壮な一瞬を逃すことなく構図に収めた素晴らしい作品です。

宮城県中山間地域活性化推進協議会長賞

棚田の秋 ※写真をクリックすると大きなサイズでご覧いただけます。

『 棚田の秋 』

撮影者
日野 俊文
撮影地
丸森町
講 評

澄みきった青空にちりばめられた様な秋雲、とても気持ちのいい秋晴れの光景です。山間のあぜ道に咲く彼岸花、黄金色に色付き始めた稲穂から自然の恵みが感じられ、このまま何時間でも眺めていたくなる素敵な作品です。

水土里ネットみやぎ会長賞

水田に映る逆さ蔵王 ※写真をクリックすると大きなサイズでご覧いただけます。

『 水田に映る逆さ蔵王 』

撮影者
佐藤 利浩
撮影地
蔵王町
講 評

遠くに広がる残雪の蔵王連峰、僅かに霞む空気感が春のイメージを一層引き立てています。蔵王から流れ着く清らかな水は、広大な水田の水鏡となって、見事に綺麗な逆さ蔵王が映り込んでいます。田植えを終えたばかりの苗も効果的な作品です。

学生優秀賞

ねぎから見るライスセンターと空 ※写真をクリックすると大きなサイズでご覧いただけます。

『 ねぎから見るライスセンターと空 』

撮影者
狩野 光凛
撮影地
仙台市
講 評

まるでネギ先の上に、ライスセンターがちょこんと乗って見える様子は、面白く斬新な構図で撮影され、学生らしい新鮮な発想です。空には飛行機雲が不思議な形でアクセントになり、楽しい作品です。

ふるさと賞

『 植え直し 』
植え直し
撮影者
木村 文武
撮影地
白石市
講 評

田園で苗の植え直ししている女性の姿が、里山のいい雰囲気を醸し出している綺麗な作品です。昔は共同で田植えしたものですが、近年は機械化が進み短時間で田植えが終わってしまい、ちょっぴり寂しく感じられます。収穫時には、こうして愛情をかけた苗が、私達を幸せにしてくれていることに感謝します。

『 伝統を引き継いで 』
伝統を引き継いで
撮影者
佐藤 一之
撮影地
登米市
講 評

農道に集まった少年少女、獅子舞の伝統を守り伝承してゆく、そんな素敵な光景の一コマにみえます。赤い獅子舞が粋な感じで表現されているところも良かったです。ゆっくりとした時間を感じる心温まる作品です。

『 雪国 』
雪国
撮影者
柳田 久義
撮影地
大崎市
講 評

真冬の山里で、元気に暮らす様子を上手く表現しています。風雪でかすんだ景色や大根の位置、昔ながらの藁蓑がとても良いです。全国フォトコンテストに匹敵するほどの秀作です。

※写真をクリックすると大きなサイズでご覧いただけます。

入選

『 田植えを前に水鏡見れる 』
田植えを前に水鏡見れる
撮影者
千葉 恵一
撮影地
石巻市
『 そば 』
そば
撮影者
山本 正彦
撮影地
大和町
『 あの頃 』
あの頃
撮影者
狩野 吉浩
撮影地
仙台市
『 談笑 』
談笑
撮影者
宍戸 一恵
撮影地
大和町
『 「いっぷくー!」 』
「いっぷくー!」
撮影者
西大條 利成
撮影地
仙台市

※写真をクリックすると大きなサイズでご覧いただけます。